G-KUDOは、高品質・日本製にこだわった、高級釣竿の製造販売 竿魔術師が全てのアングラーに提案する釣竿の王道!!
-IT WALKS WITH NATURE- 各種お問い合わせはこちらから
サイトマップ
ホームへ戻る   G-KUDO製品情報
 

手にとって確認出来ないネットショップ。
その不安要素を補うため、お客様からG-KUDO製品への評価を集めました。
あなたの竿選びの参考の一つにして下さい。

参照商品絞込み検索: 評価する
レコード 21 〜 30 件 / 全 2924
評価基準:1.悪い 2.いまいち 3.普通 4.まあまあ 5.良い
製品名 コメント
デザイン
総合評価 年代 性別 使用エリア
HokuryumaruSP-SL 金沢沖で根魚、メバルさびきで使用してみました。
微妙なあたりも確実に手元に伝わり、魚がのったあとも
綺麗が曲がりで楽しんで魚を釣ることができました。
次回、SRを使ってみるのも楽しみです。
5
5 30代 男性 石川県金沢沖北龍丸
MareCasting707-20 デザインはカッコええ〜!
ただ、カラーがイエローという膨張色の為か、太く見える。
キャスティング性能は60g程度なら最高に気持ち良く飛ばせるし、距離が出る!
メジマグロ用で購入したのですが20kg程度でも大丈夫でした。
あえて問題提起するとすれば、グリップに汚れが着くと目立つ事くらいかな〜
5
5 20代 男性 青森県 小泊〜竜飛
HokuryumaruSP-SR カレイが鈴なりでしたが、いい曲がりぐあい。
これから根魚釣りが楽しみです。
3
5 50代 男性 富山湾
HokuryumaruSP-H 昨年度購入し、アカムツ並びにノドクロ釣りで愛用しております。
日本海の青森風合瀬より出船し水深120〜150メートル、錘200号で使用しています。
非常にバランスもよく食い込みもよく、感謝しております。
5
5 40代 男性 青森県風合瀬沖 美福丸
HokuryumaruSP-R 梱包を解いたまま出番のなかったSP−Rを手に、外房の中深場に遠征してきました。

獲物は沖メバル、場所はアカムツなどのポイントである寒猫(カンネコ)、水深130m前後、胴付10本針仕掛け、流れが0.6ノットなので錘は150号を使用しました。

【SP−R、その、抜群のバランスと軽さ】
SP−Rと電動丸1000Spの組合せは、バランスが良く、軽く、持ち重りがなく、長時間の対応に問題ありませんでした。
昔、イカ竿を頭上までかざした時に感じたあの猛烈な重さと腰への負担。あれって何だったのだろうかと思うほど、6時間経っても軽々と振る事が出来ました。
隣で、同じく電動丸1000との組み合わせで釣りをしていた友人も、この竿を手にして、【自分の道具とは比較にならない位軽くて、重りも80号程度に感じる】と羨ましがっていました。

【一つ一つのあたりが明確に伝わって来る】
これまで、中深場で相当本数の胴付き仕掛を操った場合、どの位置に喰ったかがおぼろげにしか分からず、【誘い上げるべきか、下げるべきか】で、時として、誘い下げた為に獲物を離してしまう事があったようですが、今回は、【10本針の何番目に乗った】、【今度は何番目の針に乗った】【魚種は××だ】と宣言し、揚げた結果が殆ど100%近く正解でした。
下に喰った場合と上に食ったのとでは、おのずと感触が違いますが、今回のような水深で、こんなに正確に捉える事は無理でした。
SP−Rは、竿に伝わった重みを、竿の先端部分から胴に掛けて無理なく吸収してくれるので、やり取りの最中の追い食いの引きが、一つずつ正確に手元に伝わって来ました。
巻取りの最中にも、一匹一匹の動きが個別に伝わって来て、海中の様子が手に取るように分かるのにはびっくりしました。だから、巻上げの最中が一番幸せを感じました。

【キーパーに掛けて巻き上げてもバレにくい】
今回は、竿調べを目的としていたので、手持ちと置き竿の両方で回収を試みました。それで、置き竿の時の途中のバラシは止むを得ないと諦めていたのですが、結果は、たった一度だけ、4匹のうちの一匹を外したものの、それ以外は無事にゲットすることが出来ました。これだけ竿の粘りがあれば、多分、アカムツの時の負担軽減にもなりそうです。

【船長たちの評価】
竿先から胴までの全体を使ってじわっと対応してくれる竿だ(仲乗りした若船長談)や、魚の引きによって、竿先から胴までをフルに使ってじんわりと対応する良い竿だ(大船長)など、専門家も我々以上にこの竿を満点評価していました。
反面、もう少し長さがあれば・・・という意見もありましたが、それは、この地区の遊漁船が一様に大型で船べりが高い事に理由があるようです。
いま、手元にはSP−RとSP−Lがあります。だから暫くは、竿探しが不要です(笑)
5
5 60代 男性 波崎港、信栄丸
HokuryumaruSP-L 釣暦20年の友人を誘って、千葉県大湊港真沖の、アマダイ/オニカサゴでSP-Lの竿調べをしました。
錘負荷は80号、コマセ篭付きの天秤使用でハリス2.5号/アマダイ12号の2本針で、餌はオキアミの一匹掛け。
波高2mで少しうねりが残っていましたが、竿の弾力が餌の跳ね上がりを押さえてくれました。だから、従来の竿だととっくに千切れてしまうはずの餌がしっかりと残っていたのに驚かされました。
そのうち、小さなあたりが的確に伝わり、水深95mから15のスピードで巻き上げたところ、1.2kgのオニカサゴが上がってきました。当日の釣客はベテランばかりの8人でしたが、この条件下で1.2kgを獲れたのは、実力3割/竿7割と言う結論です。
後半、オニカサゴ狙いに変えたのですが、小サイズでは30cmのアヤメカサゴ、中サイズは600gのオニ、その他に外道の中アジ、マトウダイなども、それぞれの当たりの違いが正確に手元に伝わって来て楽しい限りでした。
圧巻はカンコとの闘いでした。小さな当たりがあって強烈に引き、途中、レオブリッツ270を巻けなくしたほどの強い抵抗でした。竿も、最大でガイド2個を残したところまで曲がり、一瞬はどうなるかと不安でしたが、あくまで竿を水平に保ち竿に全ての仕事を任せました。十分に脇に挟んだ為バランスが良く、やり取りの間中も従来の竿に比べて負担は感じませんでした。上がってみれば3.2kgの大物でした。
その後、興味を持った同乗者全員がSP-Lを手にして感触を確かめたのですが、【バランスが抜群で、殆ど重さを感じない】と言うのが一致した意見でした。中には試しているうちに1kgのカンコを揚げてしまった人までいました。つまり、合計8名(船長を含めて9名)で竿調べを行なった事になります。全員が満点評価!
80号負荷のヒラメ釣り用にと求めたのですが、これだけ繊細な当たりをキャッチ出来、やり取りにも楽な竿ならば、以前、鹿島沖で揚げた75cm/3.5kgのヒラメにも、全く苦労しななかっただろうと思いました。SP-Lは、これまで手にした同レベルのさおの中で抜群の秀作です。
手元に置いたまま、時機を逸してまだ出番のないSP-Rの竿調べが楽しみです。多分、中深場のカンコかメヌケを狙います。
5
5 60代 男性 千葉県小湊港寿々木丸
HokuryumaruSP-L 本当にオールマイティな竿ですね!
コレ1本あれば深場以外なら何でもOKだと思います。
富山湾用の『SP−R』も楽しみです!
5
5 40代 男性 石川県金沢港北龍丸
HokuryumaruSP-H 購入後、初めて新潟県佐渡沖でのオキメバル釣りに錘200号胴付き10本針の仕掛けで挑みました。棚取り〜誘い〜アタリ〜更なるアタリ(追い喰い)〜巻上げ〜取り込みまで全てにおいて完璧にこなしてくれました。感想を一言で言うと操作性が良くしなやかでパワフル、そしてバレない!釣果&ロッドの良さに満足な一日を過ごすことができました。日本海沖での中深場釣りにもおすすめの一本です。
5
5 30代 男性 新潟県下越沖
HokuryumaruSP-R ロッドのカラーが選択できると、もっと良いかと思いましたが使い易そうで魚が釣れた時のロッドのしなりが楽しみです。今日の釣行予定でしたが悪天候のため中止となりましたので楽しみにとっておきます。
5
5 30代 男性 静岡県相模湾(宇佐美)治久丸・秀正丸・久志丸
HokuryumaruSP-L 主にアマダイ・カイワリ釣りで使用。
穂先でアタリがとても取りやすいと感じる。
穂先の追従性が高いので一般的なカーボンロッドでは、アタリを弾く場合でもSP-Lは、「乗せて」獲る事が、出来る。
また、口切れし易いカイワリもロッド全体でショックを吸収してくれる為、安心して巻き上げる事が可能。
5
5 30代 男性 千葉県館山湾
評価基準:1.悪い 2.いまいち 3.普通 4.まあまあ 5.良い
前のページへ戻る
ホーム \ サイトマップ
copyrigth © 2004 G-kudo. all rigth reserved.